点変異導入細胞株作製

点変異導入細胞株作製

gRNA/ドナーDNA構築、PCRシークエンシング、および遺伝子操作細胞株作製を含むサービスを、迅速かつリーズナブルな価格でご提供いたします。

RNA誘導DNAエンドヌクレアーゼCas9は、合成単一ガイドRNA(gRNA)と会合し、gRNAに相補的な二本鎖DNA標的を切断します。二本鎖切断は、PAM部位の3bp上流で起こり、標的部位での点突然変異の正確な挿入のための相同指向修復(HDR)経路による標的配列の改変を可能にします。その二本鎖切断の修復が相同性指向修復経路を介して起こる場合、ドナー配列を挿入することができ、一塩基の変化がその遺伝子に導入されます。

疾患に関連する変異は、一塩基の変化を伴う点変異を導入することによって、または大きな遺伝子配列を挿入/欠失させることによって再現することができ、さらにはレスキューすることもできます。定義された遺伝子座での点突然変異導入細胞株は、機能アッセイ、薬物スクリーニング、膜タンパク質のFACSスクリーニング、遺伝子発現研究、遺伝子治療および抗体免疫追加免疫研究に有用です。

内容

▶点突然変異を導入/修正
▶大きな遺伝子配列の挿入/削除
▶セーフハーバーへのノックイン
▶SNP編集

アプリケーション

▶機能スクリーニング
▶薬物標的の検証とスクリーニング
▶メカニズム解析
▶臨床応用

関連する製品・サービス

Scroll to Top